ラングドック〜Languedoc〜

ラングドック地方のワイン

カルカッソンヌ

ラングドック〜Languedoc〜

安ワインの産地というイメージがある南仏ラングドック。ですがラングドックの中には様々なクリュがあり、ただ値段が安いだけのワイン産地ではありません。同じような品種を使いながらもクリュごとの味の違いも大きく、探求しがいがあります。

ラングドックは日照に恵まれ、風も強く乾燥したエリアで、農薬の使用も自然と少なくなる、ぶどうを育てやすい土地です。

ラングドック全体としてはガッチリとした骨格のある力強いワインが多いです。特に山側はそう。地中海側は少し穏やかな印象です。

安価なI.G.P.やヴァン・ド・フランスにも美味しいワインがある地域ではありますが、土地の個性が見える様々なアペラシオンのワインがオススメです。

ラングドックのぶどう品種

ラングドックのぶどう品種は、黒ぶどうだとグルナッシュ、シラー(ラングドックの中でも冷涼な場所で)、カリニャン(ブートナックがいい)、サンソーが主に栽培されています。

□関連記事
□関連記事
□関連記事

白ぶどうは結構種類が多いですね。グルナッシュブランが中心で、ピクプール・ド・ピネではピクプール、ラ・クラープではブールブーランが主体となっています。

他にもクレーレットやヴェルメンティーノ、ミュスカなどが栽培されています。甘口のミュスカ・ド・サン・ジャン・ド・ミネルヴォワはかなりはっきりした味わいで、他の甘口産地のワインにはない個性があります。

□関連記事
□関連記事
□関連記事
□関連記事

ラングドックのワイン生産地域〜山側のエリア〜

シャトー・ド・ラ・リクイエール フォジェール シストゥス

カバルデスやマルペールは、ボルドー、ベルジュラック、ガイヤックと続く線状にあり、ボルドー品種の使用が可能です(ボルドー品種と南仏品種をブレンドしなければならない)

シスト土壌で強さと伸びやかさを併せ持ったサンシニアン(特にベルルーやロックブリュン)、ミネルヴォワの中でも格を感じるミネルヴォワ・ラ・リヴィニエール、山側エリアの中にあって穏やかなコルビエール・ブートナック、ワイルドさのあるフォジェール、様々な土壌が入り組んだテラス・デュ・ラルザック、降水量が多く涼しいピク・サン・ルー、フランスでは珍しい玄武岩土壌のペズナス、シャルドネを使った白ワインが有名なリムーなどは押さえておきたいワイン産地です。

リムーは二次発酵させたスパークリングワインの発祥の地でもあります(ブランケットドリムー)

リムーでは赤ワインも作っていて、実はリムールージュはかなりレベルが高いです。

□関連記事
□関連記事
□関連記事
□関連記事
□関連記事
□関連記事
□関連記事
□関連記事
□関連記事
□関連記事
□関連記事

ラングドックのワイン生産地域〜海側のエリア〜

ラクラープ

海側だと、品種名が付いたAOCのピクプール・ド・ピネ、ブールブーラン主体の白が美味しいラ・クラープ、穏やかな性格のグレ・ド・モンペリエ、海側と山側に飛び地で広がるフィトゥーなどがあります。

□関連記事
□関連記事
□関連記事
□関連記事
□関連記事

ラングドックのグランクリュ

ラングドックでは近年、グランクリュを制定していますが(クリュ・デュ・ラングドック)、まだきちんと決まっていない印象を受けます。

  • ミネルヴォワ・ラ・リヴィニエール〜Minervois La Liviniere〜
  • コルビエール・ブートナック〜Corbières Boutenac〜
  • テラス・デュ・ラルザック〜Terrasses du Larzac〜
  • サンシニアン・ベルルー〜Saint Chinian Berlou〜
  • ラ・クラープ〜La Ciape〜
  • リムー〜Limoux〜
  • フォジェール〜Faugères〜

この辺りが選ばれているようです。アペラシオンごとの選定ですので、他の地域のグランクリュとは少し意味合いが違う感じがします(味わいの方向性的にもフランスのグランクリュ的ではない地域もある)

グランクリュ選定をするなら、アペラシオン内のより細かい良い区画を決めるなどの方向の方が良い気もしますが、安ワインのイメージが強いラングドックのワインの質の部分にフォーカスが当たるのは良いことだと思います。

コメントを残す

*