ルーション〜Roussillon〜

フランスの酒精強化ワイン発祥の地ルーション。バニュルスなどは押さえておきたいワインです。文化的にはスペインのカタルーニャ地方と共通。今でこそ国が分かれてしまっていますが、同じ軸で考えると理解が深まります。

□関連記事

ルーション〜Roussillon〜

リヴザルトのワインの特徴

リヴザルト

リヴザルト〜Rivesaltes〜 リヴザルトはバニュルスやモーリーと同じくV.D.Nを造る産地です。ルーション地方、北部の広大なエリアで認められていますが、ルーションだけではなく、ラングドックのフィトゥーなどでも名乗る […]

ルーション〜Roussillon〜

モーリー(モーリィ)のワインの特徴

モーリー〜Maury〜 バニュルス同様、1936年のA.O.C制定と同時に認定され酒精強化ワイン(V.D.N)のアペラシオンです。2011年からは酒精強化されていない赤ワイン、モーリー・セック〜Maury Sec〜も認め […]

ルーション〜Roussillon〜

バニュルスのワインの特徴

バニュルス

バニュルス〜Banyuls〜 1936年のAOC制定と同時に認定されたV.D.N(ヴァン・ドゥ・ナチュレル)のワイン産地がバニュルスです。スペイン国境付近の沿岸部に位置します。 赤ワインのV.D.Nが有名ですが、ロゼワイ […]

ルーション〜Roussillon〜

コート・ド・ルーションのワインの特徴

コート・ド・ルーション〜Côtes du Roussillon〜 ラングドックのフィトゥーの南からスペイン国境まで広がる広大なアペラシオンが、コート・ド・ルーションです。 広大なエリアですので、土壌も様々です。赤ワイン、 […]

ルーション〜Roussillon〜

ルーション地方のワイン

リヴザルト

ルーション〜Roussillon〜 ルーション(ルシオン)は、ラングドック&ルーションとひとまとめにされてしまうワイン産地ですが、文化圏的には違います。名前の由来はペルピニャン近郊の軍事要塞のルシノからきています […]