ワインの基礎

ルーサンヌ、マルサンヌ〜フランスの主要ぶどう品種の特徴〜

ルーサンヌ、マルサンヌ〜Roussanne、Marsanne〜

ルーサンヌとマルサンヌはどちらもコート・デュ・ローヌの白ワインで良く見かける白ぶどう品種です。

ルーサンヌ、マルサンヌとセットで語られることも多く、実際多くのワインでこの2つの品種がブレンドされています。

名前も似ている2つのルーサンヌとマルサンヌですが、親子関係にあります。ですが、どちらが親かなどの詳細はわかっていないようです。

ルーサンヌもマルサンヌも丸みがあってゆったりと大きく広がります。ボリュームがあって重めです。

ルーサンヌの方が香り高く、南国フルーツのニュアンスがあります。マルサンヌはよりボリュームのあるトロッとした味わい。品種の個性がコート・デュ・ローヌの樽発酵と相まってとても力強く重いワインを生みます。

マルサンヌに比べるとルーサンヌの方が酸が強いと思いますが、そこまで強くはありません。

コート・デュ・ローヌの白ワインではヴィオニエの方が人気が高い印象ですが、ルーサンヌとマルサンヌから造られるエルミタージュブランは(ブレンドあるいは単一)、コート・デュ・ローヌの白ワインの最高峰の味わいだと思います。

エルミタージュほどの凄みはありませんが、サンジョセフブランも良いですし、もっとお手頃なクローズ・エルミタージュも品種の魅力を活かしたワインです。

エルミタージュ、クローズ・エルミタージュ、サンジョセフは赤ワインにもルーサンヌとマルサンヌをブレンドすることが出来ます。

ローヌ川を上流に進むとサヴォワ地方ですが、サヴォワにもルーサンヌがあります。サヴォワではベルジュロンと呼ばれています。

シニャンベルジュロンというアペラシオンでルーサンヌは使用されますが、非常に濃厚なスタイルです。サヴォワのワインは割と地酒感がありますが、シニャンベルジュロンは品の良さがあります(高級ローヌほどではないですが)

ラングドックにもルーサンヌやマルサンヌはありますが、基本的にいくつかの品種の中の一つという位置付けです。ラングドックだともっとがっちりした味わいになります。

コメントを残す

*