ラングドック〜Languedoc〜

テラス・デュ・ラルザックのワインの特徴

テラス・デュ・ラルザック〜Terrasses du Larzac〜

テラス・デュ・ラルザックは、2014年に地理的名称付きラングドックから独立した新しいアペラシオンです。ラングドック最北のエリアです。モンペリエの北西に位置する山間地帯にアペラシオンは広がっています。32の村で構成されています。

テラス・デュ・ラルザックは、ラングドックの中でもっとも注目を集めているワイン産地と言えます。

テラス・デュ・ラルザックのぶどう品種

テラス・デュ・ラルザックで認められているのは赤ワインのみで、ぶどう品種はグルナッシュ、ムールヴェードル、シラーを主体としています。補助品種はいくつかありますが、フランスでは数少ないモラステル(スペイン原産のグラシアーノのこと)やテレ・ノワールが使用可能です。

テラス・デュ・ラルザックの土壌

テラス・デュ・ラルザックはかなり複雑な土壌構成をしています。石灰岩もあれば、シスト、火山性の土壌もあります。山間地帯であり、昼夜の気温差は20度以上になることもあります。

テラス・デュ・ラルザックの味わい

土壌が多岐にわたり、味わいを一言で言うのは難しいが、全体的に、割とこじんまりとした硬い質感のワインです。明るさがなく、 陽気な南仏ワインのイメージとは異なります。タンニンもがっつりしたものが多いです。

ラングドック・サン・サテュルナン〜Languedoc Saint-Saturnin〜

テラス・デュ・ラルザック内には、地理的呼称名付きAOCラングドックの、サン・サテュルナンのエリアがあります。サン・サテュルナン・ド・ルシアンを含む4つの村に認められた呼称です。

グルナッシュ、シラー、ムールヴェードルを主体とした赤ワインで、軽やかで明るくチャーミングなワインを生みます。

ラングドック・モンペイルー〜Languedoc Montpeyroux〜

サン・サテュルナン同様、ラングドック・モンペイルーもテラス・デュ・ラルザック内に位置します。

モンペイルーとアルボラスの2つの村に認められた呼称です。サン・サテュルナン同様、グルナッシュ、シラー、ムールヴェードルを主体としたワインです。粘土石灰質の土壌から、細身でカチッとした、凝縮度がありつつ、少しこじんまりとしたワインが生まれます。

コメントを残す

*