フランス(ヨーロッパ)の歴史

ラングドック地方の歴史

ラングドック風景モンペリエ

ラングドック地方の歴史

ラングドックの地域は紀元前121年にローマ帝国に征服されて(まだ帝政ではなく共和制の時代ですが)属州のガリア・ナルボネンシスと呼ばれるようになります(現在のプロヴァンスも含む)

ぶどう栽培自体は属州になる以前から行われていたことがわかっています。

ローマ帝国は東西に分裂し、西ローマ帝国領となりますが、476年に西ローマ帝国は滅亡、西ゴート王国の領土となり、さらにその後フランク王国の支配下となっていきます。当時のラングドック・ルーションの地域はセプティマニアとも呼ばれていましたが、イスラム王朝のウマイヤ朝の侵攻を受け、一時はその支配下にありました。

759年にはフランク王国の統治下に戻りますが、イスラム文化の影響を受けつつ独自の文化圏として発展していきます。843年にフランク王国も分裂し、西フランク王国、中部フランク王国、東フランク王国が誕生します。西フランク王国は後にフランス王国と呼ばれるようになります。現在のフランス共和国の前身の国です。

ラングドックの地域では10c半ば以降キリスト教の異端とされるカタリ派が増え、独自の文化を保っていましたが、13cにアルビジョワ十字軍によって征服されフランス王国に編入されました。