ワインの基礎

ジャケール〜フランスの主要ぶどう品種の特徴〜

ジャケール〜Jacquère〜

ジャケールはシャスラと並んで、サヴォワ地方の主要な白ぶどう品種です。シャスラより色んな地域で栽培されているので、サヴォワで最も重要なぶどう品種と言って良いかも知れません。

ジャケールはアルコールが低く酸は高めでかちっとした質感のワインを生みます。

ヴァン・ド・サヴォワのデノミナシオンの多くでジャケールは主要品種となっています。代表的なのはヴァン・ド・サヴォワ・アビームです。次いでヴァン・ド・サヴォワ・アプルモン、ヴァン・ド・サヴォワ・クリュエ、ヴァン・ド・サヴォワ・ショーターニュ辺りでしょうか?(ヴァン・ド・サヴォワのアペラシオンの中でもジャケールを使えないものもあります)

カチッとしたアビーム、柔らかいアプルモン、大きく広がるクリュエです。ショーターニュも優しい味わいですが、ショーターニュは赤ワインも可能で赤ワインの方が良い気はします。

ヴァン・ド・サヴォワはエリアが広く、クリュもバラバラな位置にありますが、代表的なアビーム、アプルモン、クリュエはシャンベリー近くの同じエリアです。

同じくサヴォワのビュジェでもジャケールを見かけますが、セパージュの割合的には、一連のヴァン・ド・サヴォワと比べると低めです。補助品種となっています。

なのでジャケールの味を理解したい場合はヴァン・ド・サヴォワを飲み比べるのが良いと思います。

コメントを残す

*