ボルドー〜Bordeaux〜

ボルドー地方のワインの特徴

ボルドーの街

ボルドー〜Bordeaux〜

ブルゴーニュと並んでフランスの二大産地として有名なボルドー。ブルゴーニュが単一品種で造られる場合がほとんどなのに対して、ボルドーは数種類の品種をアッサンブラージュして造られます(単一のものもありますが)

ボルドーのぶどう品種

ボルドー畑

ボルドーのぶどう品種自体は同じですが左岸と右岸で割合が異なります。メドックに代表される左岸はカベルネ・ソーヴィニヨン主体にメルロ、カベルネ・フランやアクセントにプティ・ヴェルドやマルベック、カルメネールなどをアッサンブラージュします。

右岸はメルロ主体にカベルネ・フランをアッサンブラージュすることが多く、他の補助品種も左岸と同様ですが、カベルネ・ソーヴィニヨンの割合は少ないです。

白ワインはソーヴィニヨン・ブランとセミヨンが主体で、ミュスカデルなどとアッサンブラージュします。貴腐ワインの産地、ソーテルヌなどはセミヨンが主体です。

ボルドーのワイン生産地域

ボルドーは大きく分けて左岸と呼ばれる地域と、右岸と呼ばれる地域に分かれます。ボルドーには3つの川が流れていて、中央山脈から流れてくるのがドルドーニュ川、ピレネー山脈から流れるのがガロンヌ川で、ドルドーニュ川とガロンヌ川は合流し、ジロンド川となって大西洋に流れていきます。

ガロンヌ川からジロンド川にかけて流れる川の西側が左岸と呼ばれる地域で、ドルドーニュ川からジロンド川にかけての東側が右岸と呼ばれる地域です。左岸にはメドックやグラーヴ、ソーテルヌ、右岸にはサンテミリオン、ポムロール、フロンサックといった代表的な地区があります。

他にもコート・ド・ボルドー(いくつかの場所に点在)、アントル・ドゥー・メール(ガロンヌ川とドルドーニュ川の間)といったエリアがあります。

本来はもっと細かく分類出来ますが、細かくなりすぎると分かり辛くなってしまいますので、小さな産地は大きな産地の項目に含めています。

ボルドーの格付け

ボルドーシュヴァルブランサンテミリオン

ボルドーのメジャー産地はワインの格付けが行われていて、格付けされたワインが圧倒的に有名です。

格付け以外のワインの方が随分と多いのですが、格付けワインのみでボルドーの勉強を終えてしまっている人も多いのではないでしょうか?

格付けでもっとも有名なのが1855年のメドックの格付けです。1級から5級までの格付けで、現在までほぼ変更はありません(発表された直後にシャトー・カントメルルが5級に加わったのと、シャトー・ムートン・ロートシルトが1973年に2級から1級に格上げされている)

格付けが変わらないことから、現在のクオリティと一致しないと言われることもありますが、それは値段に反映されています。

クオリティの差はあれど、最低限の品質は保っていて、格付けシャトーであれば安心して飲めるという考えも理解できます。

加えて格付けが人気を呼び、ワインが売れる、お金を設備投資に回せるなどの好循環からか、2級以上のシャトーのワインの完成度は圧倒的に高いように思います。

メドックの1級シャトー

ボルドーラフィットロートシルトポイヤック

メドック格付けの1級シャトーは五大シャトーと言われ、ワインが好きではない人でも名前を聞いたことがあるのでは?と言うくらい有名ですね。

  • シャトー・ラフィット・ロートシルト〜Château Lafite-RothsChâteauld〜(ポイヤック)
  • シャトー・ムートン・ロートシルト〜Château Mouton Rothschild〜(ポイヤック)
  • シャトー・ラトゥール〜Château Latour〜(ポイヤック)
  • シャトー・マルゴー〜Château Margaux〜(マルゴー)
  • シャトー・オー・ブリオン〜Château Haut Brion〜(オー・ブリオンだけメドックではなくグラーヴのペサック・レオニャンのワインだが例外的に選ばれている)

上記の5つが1級格付けのシャトーです。()内はシャトーがある村名です。

ボルドーのその他の地域の格付け

グラーヴ自体にも格付けがありますし、サンテミリオンの格付けも有名ですね。サンテミリオンの格付けの頂点は、プルミエ・グランクリュ・クラッセAのシャトー・オーゾンヌとシャトー・シュヴァル・ブランの2つでしたが、2012年の格付け見直しでシャトー・アンジュリュスとシャトー・パヴィが加わって4つになっています。ですがクオリティとしてはオーゾンヌとシュヴァル・ブランには及ばないと思います(特にアンジュリュスは差がある)

ポムロールには格付けこそありませんが、シャトー・ペトリュスやシャトー・ル・パンを筆頭に、格付けと言ってしまっても問題ないような慣習上の格付けと呼べるものがあります。

ボルドーの格付け以外のワイン

ボルドーは上記で紹介したような格付けシャトーを中心に考えることが多く、格付けワインを主体にして考えると、濃厚で力強いワイン産地の印象を持ちます。

しかし格付けワインはボルドーの一側面であり、他の多くのワインは以外なほど優しいです。テロワール的には穏やかなワインを生む産地と言えます(お金がある有名シャトーは最新設備を使い、凝縮感がしっかりと出る醸造法でワインを造っている)

それは特にメドックや、サンテミリオン、ポムロールなどの有名産地以外のワインに顕著です。それを理解していないと、実際は多く存在する優しくしっとりしたボルドーワインを飲んだ時に、ボルドーぽくないという間違った反応をしてしまいます。

以前のボルドーは今よりさらに色の淡いクラレットと呼ばれるワインでした(濃いロゼといった感じ)今でも当時のクラレットを思わせるクレーレという濃いロゼを造る造り手はいます(アペラシオンとしては広域の安価なタイプ)クレーレを飲めばボルドーワインの理解がより深まると思います。



コメントを残す

*