ワインの基礎

ソーヴィニヨンブラン〜フランスの主要ぶどう品種の特徴〜

ソーヴィニヨンブラン〜Sauvignon blanc〜

硬質でまっすぐでカチッとした質感の白ぶどう品種のソーヴィニヨンブラン。輪郭がはっきりしています。きめ細かく細身でスピード感があります。

香りも特徴的でハーブやグレープフルーツのようなニュアンス。全体的に明るい味わいです(中には暗い味のものもありますが)

フランスのロワールやボルドーのソーヴィニヨンブランが有名で、ロワールは基本、単一で、ボルドーはセミヨンなどとアッサンブラージュされます。

なのでソーヴィニヨンブランの個性がわかりやすいのはロワールです。

ロワールの中でもサンセールがもっとも人気がありますが、質は高いとはいえ、基本としてはトゥーレーヌを押さえておきたいところです(ただしトゥーレーヌはソーヴィニヨンブランだけではなくシュナンブランも重要品種だと理解する必要がある)

ロワールのソーヴィニヨンブランとサラッとしたシェーブルはとても相性が良いです(何でも合うわけではありませんが)

ソーヴィニヨンブランも世界中で栽培されている国際品種ですが、フランス以外ではニュージーランドのソーヴィニヨンブランが有名ですね。

ニュージーランドのソーヴィニヨンブランはもっと南国っぽいニュアンスが強く、果実味に溢れています。厚みもあります。比べるとフランスのものは大人しい。

清涼感を求めるならフランスですね。

ソーヴィニヨンブランは、とても個性がハッキリした品種でブラインドでも見分けが付きやすい品種の代表です。

品種の特徴を覚えたいなら、白ならまずはソーヴィニヨンブランから始めるのがわかりやすいかもしれません。

□関連記事
□関連記事

コメントを残す

*