ワインの基礎

セミヨン〜フランスの主要ぶどう品種の特徴〜

セミヨン〜Sémillon〜

セミヨンはボルドー地方や南西地方で使用される白ぶどう品種です。ボルドーが原産地です。

ボルドーではソーヴィニヨンブランと対になるような存在で、抜けの良いまっすぐ硬質なソーヴィニヨンブランに対して、セミヨンは柔らかくどっしりして安定感、安心感のある味わいです。酸が低くて丸くてリッチです。

ボルドーの白ワインの土台を造ります。

ボルドーの辛口ワインでももちろん大切な存在ですが、もっとも重要なのはソーテルヌです。ソーテルヌはセミヨン主体にソーヴィニヨンブランやミュスカデルを加えた品種構成です(ボルドーの辛口ワインではソーヴィニヨンブランの方が比率が高いものが多いです)

セミヨン主体のソーテルヌは世界中の甘口ワインの頂点に立つような存在です(使い道としてはそれぞれの産地に個性があるので一概にソーテルヌが優れているとは言えないですが)

硬いソーヴィニヨンブランよりセミヨンの方がボルドーらしい味わいだと思います。セミヨンとソーヴィニヨンブランをブレンドして硬軟、上下の味を造り、ミュスカデルで品を造るのがボルドー白ワインです。

ボルドーの白ワインは造り手によってロワール方向(大体サンセール)と、ラングドック方向で、目指す味わいが違うのも面白いところです。

□関連記事

□関連記事

コメントを残す

*