コート・デュ・ローヌ〜Côtes du Rhône〜

コート・デュ・ローヌ北部のワインの特徴

コートロティ

コート・デュ・ローヌ北部〜Septentrional〜

コート・デュ・ローヌは大きく南北に分けることが出来ます。北と南で結構性格が異なります。

北ローヌは、赤ワインは基本的にシラーです(一部、白ぶどうを少量ブレンドすることが可能)。

白ワインはヴィオニエ、ルーサンヌ、マルサンヌなどがあり、地域によって変わります。

アペラシオンを名乗らないヴァン・ド・フランスの形で、これ以外のぶどうを使ったワインもありますが、基本はこれらの品種です。

コート・ロティ〜Cote Rotie〜

コート・ロティはコート・デュ・ローヌ地方最北部に位置するワイン産地です。非常に乾燥して暑いエリアであるコート・ロティではシラー種を使用したがっちりして緊張感のあるワインが生まれます。

□関連記事

コンドリュー〜Condrieu〜

コート・ロティの南側に広がるコンドリューはヴィオニエを使用した白ワインの産地です。ヴィオニエは南仏や他国でも増えてきていますが、コンドリューほど、ヴィオニエの個性を生かしきっているワイン産地はありません。

□関連記事

サン・ジョセフ〜Saint Josephe〜

コンドリューの南側に広がる北ローヌの中でも非常に大きなワイン産地であるサン・ジョセフ。シラーを使った赤ワインを多くつくっていて、コート・ロティと比べて軽やかで細身です。ゆっくり伸びていきます。

□関連記事

コルナス〜Cornas〜

サン・ジョセフの南にある非常に小さなアペラシオンであるコルナス。シラー単一品種からワイルドなワインを造ります。

□関連記事

エルミタージュ〜Hermitage〜

北ローヌのシラーの中でももっともしなやかで品のいいワインを造るエルミタージュ。ボリューム感のあるエルミタージュ・ブランも質が高いです。

□関連記事

クローズ・エルミタージュ〜Crozes Hermitage〜

北ローヌの中で最大の生産量を誇るクローズ・エルミタージュ。斜面が多い北ローヌの中で、クローズ・エルミタージュは平地が多い地域です。ふんわりしていて、丸み、厚みがあるワインが生まれます。

□関連記事

クレーレット・ド・ディー〜Clairette de Die〜

ワイン産地が集中している北ローヌですが、クレーレット・ド・ディーは南東に少し離れた場所にあるワイン産地です。フランス最古の発泡性ワインの産地と言われています。

□関連記事

コメントを残す

*