ルーション〜Roussillon〜

モーリー(モーリィ)のワインの特徴

モーリー〜Maury〜

ルーションマスアミエルモーリィ69

バニュルス同様、1936年のA.O.C.制定と同時に認定され酒精強化ワイン(V.D.N.)のアペラシオンです。2011年からは酒精強化されていない赤ワイン、モーリー・セック〜Maury Sec〜も認められるようになりました。

バニュルスと同じようなスタイルですが、エリアはコート・ド・ルーション ・ヴィラージュの北西部です(モーリーはラングドック側、バニュルスはスペイン側)モーリーを含む4つの村が認められています。

モーリーの土壌

モーリーのエリアは石灰岩の山に囲まれた谷間にあります。粘板岩や頁岩、シストが見られます。西側は標高が高く、東側は低くなっています。降水量も西側の方が多いです。

モーリーのタイプ

モーリーのV.D.N.はグルナッシュ主体のグルナ〜Grenat〜と、テュイレ〜Tuilé〜、白ぶどうから造られるアンブレ〜Ambré〜と、ブラン〜Blanc〜があります。

アンブレとテュイレは酸化熟成させたタイプで、バニュルスと同じように、オル・ダージュやランシオの表記も出来ます。

こちらはラングドックの有名ナチュラルワインの生産者、ジェラール・ベルトランがルーションで造っているモーリー・テュイレです。1989年とかなり熟成したもので、当時は今ほどベルトランがナチュラル志向ではなかった頃のワインです。それでも味わいは非常に良いですが、今のベルトランのワインと何が違うか考えながら飲むのも楽しいです。

テール・デゥ・ファガイラのモーリー・ブランもオススメです。セパージュはグルナッシュグリとマカブー。

モーリー・セック

通常のスティルの赤ワイン、モーリー・セックもグルナッシュ主体です。

伝統の甘口モーリーも良いですが、モーリー・セックからはその土地らしさが感じ取りやすいです。厚みがあってどっしりゆったりしたワインが生まれます。

モーリーの生産者で最も有名なマス・アミエルもモーリー・セックを造っています。ただ規定上はグルナッシュ主体の2品種以上地用となっているのにグルナッシュ100%やカリニャン100%のキュヴェがあり不思議です。酒精強化されてないワインはモーリーの土地の味わいがわかりやすくて良いです。コリウールと比べるとモーリー・セックの方がどっしりしています。


ルーションのワイン産地④、リヴザルトの記事はこちら。

コメントを残す

*