ワインの基礎

シュナン・ブラン〜フランスの主要ぶどう品種の特徴〜

シュナン・ブラン〜Chenin blanc〜

ソーヴィニヨンブランと並ぶ、ロワール地方の基幹白ぶどう品種のシュナン・ブラン。ソーヴィニヨンブランとは反対の個性で、むしろ使いやすいのはシュナンブランの方です。

ですが人気の点ではソーヴィニヨンブランに大きく差を付けられている印象です。

シュナンブランの原産地はロワール地方のアンジュだと考えられています。アンジュを含むロワール地方で広く栽培されているシュナンブランですが、現在は南アフリカでも多く栽培されていて、栽培面積は圧倒的にフランスより南アフリカの方が多いです。

もしかしたら知名度としても南アフリカの方が上かもしれません?シュナンブランと言うと南アフリカのワイン?と聞かれたことが何度もありますしね。

シュナンブランは柔らかい丸い質感で、りんごのようなニュアンスが魅力です。

シュナンブランは他にもシュナングリやシュナンノワール、飲んだことありませんが、南アフリカにはシュナンロゼやシュナンルージュというのもあるそうです。ノワールとルージュがありますが別のようですね。

シュナンノワールはピノドニスという名前の方が知られているように思います。

ロワールのアンジュやトゥーレーヌで多く栽培されているシュナンブランですが、アンジュとトゥーレーヌでは味わいの方向性が違います。

トゥーレーヌの白ワインはソーヴィニヨンブランですが、デノミナシオンのトゥーレーヌ・アゼ・ル・リドーとトゥーレーヌ・アンボワーズはシュナンブランのワインという面白い規定です。

トゥーレーヌ ・アゼ・ル・リドーのシュナンブランはシュナンブランの中では硬質な味わいです。トゥーレーヌ・アンボワーズもアゼ・ル・リドーほどではないですが、硬めで伸びやかです。

トゥーレーヌでは比較的硬い土壌でシュナンブランが認められていると言えます。

シュナンブランは生産量としてはかなり多いのですが(昔はシャルドネより多かった)、日本ではそこまで頻繁には見ませんね。フランス国内のビストロなどでの消費は多いように思います。

アンジュのシュナンブランは丸みがあってどっしり重めです。アンジュだけではなく、より格上のサヴニエールでも同様です。

アンジュにはコトー・デュ・レイヨンなど、シュナンブランの甘口のアペラシオンが多いです。シュナンブランは完熟させたり、貴腐を付けるなどして甘口にするとより魅力が増すように思います。

トゥーレーヌのデノミナシオンではトゥーレーヌ・アゼ・ル・リドーは甘口も認められています。

シノンやソーミュールの白ワインもシュナンブランです。ヴーヴレも人気です。あとはジャスニエールもシュナンブランの白ワインとして知られていますね。

シノンは赤ワインほどではないですが、品のある味わいです。

ソーミュールのシュナンブランはアンジュのシュナンブランと比べるとずっと軽やかです。

ヴーヴレは補助品種も認められていますが、ほぼシュナンブランのアペラシオンで、結構かっちりです。甘めのスパークリングが一番知られていますね。

ジャスニエールはまっすぐミネラリーでかっこいい味わい。

シュナンブランは昔はボルドーの周辺にも栽培されていました。そしてアペラシオンのブライやコート・デ・ブライで認められていました。

現行法では認められていませんが、以前の規定で2025年までは認められていたので、まだシュナンブランが使われているワインがあるのかもしれません。

ボルドーでは認められなくなったシュナンブランですが、隣の南西地方ではまだ少し見かけます。

ボルドーから地続きのコート・ド・デュラスではシュナンブランは主要品種ですし、その東側のベルジュラックやモンバジャック、ソーシニャックなどで補助品種として使用可能です。

トゥールーズ周辺のエリアのアントレイグ・ル・フェルとエスタン、コート・ド・ミヨーなどでも主要品種となっています。

さらに東側に進んだラングドック、リムーでもシュナンブランを使用したスティルワインとスパークリングワインが認められています。

リムーのシュナンブランを使用した泡、ブランケット・ド・リムーは、ロワール以外で最も有名なシュナンブランのアペラシオンだと思います。

とはいえリムーはシュナンブランの他にモーザックとシャルドネも使用可能で、実際はモーザックがリムーにとってもっとも大事な品種です。ブランケット・ド・リムー・メトード・アンセストラルになるとシュナンブランは使えません。モーザック100%です。スティルワインだとリムーはシャルドネが人気ですね。

□関連記事
□関連記事

□関連記事

コメントを残す

*