ワインインポーター紹介

ヴァンクロス〜ワインインポーター紹介〜

コルシカペラチアアジャクシオ

ヴァンクロス〜Vin X〜

痒いところに手が届くようなラインナップのインポーター、ヴァンクロス。

日本に入ってきていないアペラシオンや、飲んでみたい造り手など、気づいたらヴァンクロスで扱っていて驚いたことが、何度もあります。非常にありがたいインポーターです。

ヴァンクロス〜マイナーアペラシオンに強いインポーター〜

ヴァンクロスは、地場品種の扱いも多く、土地の味わいがしっかりと感じられるワインが揃っています。

そういったコア?なワインが売れているのかはわかりませんが、取り引きが終わって終売にならないことをいつも祈っています(すごく売れているのかもしれませんが)。

南西地方のペシャルマンとか、後述する一連のコルシカのワイン産地や、マイナーとまで行きませんが、ラングドックのサンシニアン・ベルルーや山側フィトゥーがあるのは嬉しい限り。

ヴァンクロスのメジャー産地

マイナーアペラシオンがすごくいいヴァンクロスですが、もちろん通常のメジャー産地のワインもいいものがあります。

ブルゴーニュが一番多いでしょうか?ドメーヌ・オー・ピエ・ディ・モン・ショーヴ〜Domaine Au Pied Du Mont Chauve〜を始め、やはり土地の味わいが感じられるナインナップです。

ドメーヌ ・オー・ピエ・ディ・モン・ショーヴは、シャサーニュ・モンラッシェの造り手で、ドメーヌ名はモンラッシェの語源で、禿げ山の麓を意味するそうです。

一連のシャサーニュ・モンラッシェのプルミエクリュも良いですが、値段を考えるとサントーバン・プルミエクリュ・ル・シャルモワ〜Saint Aubin 1er Cru Le Charmois〜が良いと思います。

ボルドーはラインナップは少ないですが、伝統的な薄い赤(あるいは濃いロゼ)のクレーレがあったりします。

ヴァンクロス〜アルザスやコルシカの魅力〜

ブルゴーニュのナインナップが豊富とはいえ、やはりヴァンクロスは、アルザス(造り手一つだけかな)、コルシカ、南仏あたりが一番魅力的に感じます。。

アルザスの南部の造り手、ドメーヌ・シュルンバジェ〜Domaines Schlumberger〜のいくつかあるグランクリュ、特にキッテルレは火山性土壌の素晴らしいワインです。

コルシカは、アジャクシオもパトリモニオもポルト・ヴェッキオも、コルス・フィガリ、コルス・サルテーヌも網羅。

ここまでコルシカ島のアペラシオン揃えているインポーターはないと思います。特にアジャクシオのドメーヌ・ペラチア〜Domaine Peraccia〜は素晴らしい(現地ではもっと美味しいらしいですが)

飲んでみたいアペラシオンが他にも色々とありますので、ヴァンクロスさんにはもっと頑張って貰いたいところです。

コメントを残す

*