ワインの基礎

トゥルソー〜フランスの主要ぶどう品種の特徴〜

トゥルソー〜Trousseau〜

トゥルソーは、ジュラ地方で栽培されている黒ぶどうで、プールサールとともにジュラらしさを表現している品種です。重要度ではプールサールに劣りますが大切な品種です。

親はサヴァニャンのようですが、もう片親は不明です。

トゥルソーは18cには栽培されていたことが確認されている品種です。

プールサールと同じく早熟な品種ですが、こちらは果皮が厚く、力強いワインを生みます。スパイシーで堂々としています。真面目さの感じられる味わいはプールサールもそうでジュラ地方の特徴ですね。

土っぽさがあり、悪いものだと泥臭い印象だったりしますが、良いものはこの個性がプラスに働きます。

力強いと書きましたが、さらっと抽出した軽いタイプもあり、そういったトゥルソーも悪くないです。

フランス原産ですが、ポルトガルの方が多く栽培されています。ポルトガルではバスタルドと呼ばれてポートワインの原料ぶどうとなっています。

コメントを残す

*