ワインの基礎

ムールヴェードル〜フランスの主要ぶどう品種の特徴〜

ムールヴェードル〜Mourvèdre〜

ムールヴェードルはスペインが原産地の黒ぶどう品種です(正確には分かっていない)。スペインバレンシアの都市ムルビエドロ(サレントのことをカタルーニャ語でムルピエドロという)がムールヴェードルの名前の由来と言われています。

原産地スペインではモナストレルと呼ばれています。

ムールヴェードルは小さなぶどうですが、果皮が厚く糖度が非常に高くなります。ガッチリとしたタンニンと高いアルコール度数が特徴です。

ムールヴェードルはフランスでは、南仏で良く見かけますが、補助品種的役割が多いですね。ムールヴェードルがメインのアペラシオンはプロヴァンスのバンドールくらいです。

ムールヴェードルは硬く粗々しくがっちりして水平的な形状をしていますが、バンドールのムールヴェードルは品良くしなやかです。

ムールヴェードルが主体と言うわけではありませんが、ムールヴェードルの良さが非常に生きているアペラシオンはシャトーヌフ・デュ・パプです(ムールヴェードル主体でも100%でも問題ないはずですが誰もいないと思う)

ムールヴェードルはとても栽培が難しい品種で(栽培もそうですが質の高いぶどうに育てるのが難しい)、渇水に弱く、適度な雨が降る産地や、水辺の産地以外では良さが出てこない品種です。暑さには強いですが、寒さには極端に弱い品種です。非常に晩熟(暑く乾燥したエリアで栽培されていますが、高品質なムールヴェードルを造るためには何かしらの水の影響が必要)

最高の出来ではなくても、少量ブレンドする分には複雑さを増し、スパイシーな香りも立つので役にたつ品種です(タンニンが強く粗々しいのでブレンドする割合には注意が必要)

コメントを残す

*