ワインの基礎

モーザック〜フランスの主要ぶどう品種の特徴〜

モーザック〜Mauzac〜

モーザックはラングドックのリムー、そして南西地方のガイヤックで重要な白ぶどう品種です。

白ぶどうと書きましたが、正確にはモーザック・ブランのことです。他にもモーザック・ルー、モーザック・ロゼ、モーザック・グリ、モーザック・ローズ、モーザック・ノワール・デュ・ロット・エ・ガロンヌなどを見たことがありますが、正確なことはわかっていません。

ロゼとローズは同一、ルーはルージュだと思うので、ノワールと同じなのかなとは思っています。

モーザック・ロゼはモーザック・ブランの突然変異で、モーザック・ノワールは別物です。他は今のところ不明。

モーザックは少し地味で腰の座った味わいで、華やかさなどはない地酒ぽい品種です。

高級ワインぽい感じにはなりませんが、ガイヤックのモーザックは細やかで落ち着いた味わいです。野暮ったくもない丁度良さ。泡のガイヤック・ムスーも良いです。

ラングドックのリムーは標高も高く冷涼ですが、モーザックは洗練方向には行かないですね。むしろガイヤックの方が品が良いくらいです。

リムーの白ワインやクレマン・ド・リムーはシャルドネやシュナンブランも使用可能で、スティルの白ワインはシャルドネという印象です。クレマン・ド・リムーもシャルドネが主要品種でモーザックは補助品種です。

ほぼモーザックで造られるのはブランケット・ド・リムーです。そしてリムー・メトード・アンセストラル(ブランケット・メトード・アンセストラル)はモーザック100%です。

なのでリムーにおけるモーザックは泡品種という位置づけです(スティル白のモーザック多めのものもありますが)

特にリムー・メトード・アンセストラルはモーザックらしさがもっとも感じられるワインです。アンセストラルの製法もモーザックの雰囲気にぴったりですね。

□関連記事
□関連記事

□関連記事
□関連記事

コメントを残す

*