ロワール〜Loire〜

トゥーレーヌのワインの特徴

トゥーレーヌ〜Touraine〜

トゥール市を中心としたトゥーレーヌは古城が多く、フランスの歴史を語る上で非常に重要な地域です。

古城巡りはロワール観光の一番の売りでもあります。

AOCトゥーレーヌはエリアも広く個性的とは言えませんが、コミューン名付きのトゥーレーヌは個性が明確なので、特徴を押さえておきたいところです。コミューン名は多くはお城の名前と同じで馴染みがありますね。

トゥーレーヌ全体としては、ペイナンテやアンジュのワインと比べて明るさがあります。白ワインはソーヴィニヨンブランを主体にソーヴィニヨングリを補助品種として加えることができるのですが、コミューンによってはシュナンブランではないといけないなど、不思議というか、わかりづらいところです。

コミューン名付きトゥーレーヌ

  • トゥーレーヌ・メラン(メスラン)〜Touraine Mesland〜
  • トゥーレーヌ・アンボワーズ〜Touraine Amboise〜
  • トゥーレーヌ・アゼ・ル・リドー〜Touraine Azay le Rideau〜
  • トゥーレーヌ・ノーブル・ジュエ〜Touraine Noble-Joue〜
  • トゥーレーヌ・シュノンソー〜Touraine Chenonceaux〜
  • トゥーレーヌ・オワリー〜Touraine Oisly〜

上記のコミューン名付きトゥーレーヌが認められています。生産者も少なく、日本ではあまり見かけませんが、ロワールの理解には必須だと思います。

トゥーレーヌ・メラン(メスラン)は、シュナンブラン主体の白ワインとガメイ主体の赤ワインとロゼワイン。伸びやかなワインが多いです。

トゥーレーヌ・アンボワーズはシレックスなどの土壌から生まれる硬い質感のシュナンブラン。アペラシオンとしてはシュナンブランのみが認められていますが、この地のソーヴィニヨンブランも同じ個性。アンボワーズのみ甘口白も可。赤はカベルネフラン、カベルネソーヴィニヨン、コット、ガメイを自由に使えます。白ワインも美味しいですが、割合はかなり少ないです。赤ワインの産地。トゥーレーヌ・メランの西側に隣接。

トゥーレーヌ ・アゼ・ル・リドーも硬めの質感。粘土の多い石灰質。シュナンブランの白ワインです。赤ワインは認められていません。グロロー主体のロゼワインもあります(補助品種がかなり多い)。

トゥーレーヌ・ノーブル・ジュエはロゼワインのみが認められています。ピノムニエ主体にピノノワールとピノグリを混醸するスタイルは個性的。

トゥーレーヌ・シュノンソーは強い粘土質のもっとも重いスタイル。白ワインはソーヴィニヨンブランのみ。ソーヴィニヨンブランで重いワインはあまりないので便利。コットとカベルネフラン主体の赤ワインもいい。

トゥーレーヌ・オワリーは砂質主体で、シュノンソーとは逆の軽いワイン。ソーヴィニヨンブランを使った白ワインのみ。軽いがキリッとした感じではなくふんわり。トゥーレーヌ ・メランの少し離れた南側。

シノン〜Chinon〜

ロワールの中には質の高いカベルネフランを生産する地域はいくつもありますが、もっとも品格があり整った形をしているのはシノンだと思います。

ロワール川の支流であるヴィエンヌ川流域に葡萄畑は広がっています(ヴィエンヌ川とロワール川の間)。ヴィエンヌ川近くの畑は砂質土壌で、さらりとしています。川から離れた斜面を登っていくと石灰質が強く、かっちりして、強さが出てきます。

シノンは素晴らしいカベルネフランですが、以前よりは少なくなったとはいえ、早摘みのものや寒い年のものは青臭い印象があります。よく熟したものは冷涼感のあるハーブのニュアンスに変わります。

少ないですがシュナンブランを使った白ワインも美味しいですし、カベルネフランで軽く造ったロゼも良いです。

ブルグイユ〜Bourgueil〜

シノンとロワール川を挟んだ対岸に位置するワイン産地がブルグイユです。シノンと同じくカベルネフランを主体とした赤ワインの産地です(ロゼも可)。下記のサン・ニコラ・ド・ブルグイユと比べると石灰が強く、標高の高い場所が多いです。

サン・ニコラ・ド・ブルグイユ〜Saint Nicolas de Bourgueil〜

ブルグイユの西側、ロワール川とヴィエンヌ川の合流地点にあるサン・ニコラ・ド・ブルグイユは、ブルグイユと比べて砂が多く、畑の標高も低く、平坦な場所が多いです(ゆるやかな斜面)。ふんわり、サラリとしたカベルネフランです。

畑は森で囲まれていて、冷たい風を遮るため、比較的温暖です。

ヴーヴレ〜Vouvray〜

ロワールの白ワインの中でもサンセールに次いで知られた存在なのがヴーヴレ。トゥールの東側のエリアです。

知名度の割に、ヴーヴレは甘口ワインだと思っている人も意外と多かったりする、正しい認識がされていない産地です(昔は甘口の泡が多く日本に入ってきていた)

ヴーヴレはシュランブランを使った白ワインのみの産地で、辛口ワイン、甘口ワイン、スパークリングワインがあります。

甘口の飲みやすいイメージですが、石灰質土壌の斜面から、質感は固くキリッとしたワインを生みます。

モンルイ・シュル・ロワール〜Montlouis sur Loire〜

ヴーヴレのロワール川を挟んだ対岸(南側)に位置するのが、モンルイ・シュル・ロワールです。

モンルイ・シュル・ロワールも甘口のイメージが強いですが、辛口白ワインとスパークリングワインもあります。ただ、モンルイ・シュル・ロワールはイメージ通り、甘口が美味しいです。ヴーヴレより柔らかい質感。

シュヴェルニィ〜Cheverny〜

トゥーレーヌ東端にあるシュヴェルニィは赤ワイン、白ワイン、ロゼワインが作られていて、品種も多様です。白ワインはソーヴィニヨンブラン(ソーヴィニヨングリ)主体に、シュナンブランやシャルドネ、ムニュピノ。赤ワインはピノノワール主体にガメイ、カベルネフラン、コットです。

AOCシュヴェルニィは24の村で構成されていますが、半数の村ではクール・シュヴェルニィ〜Cour Cheverny〜のアペラシオンを名乗ることも出来ます。

クール・シュヴェルニィ〜Cour Cheverny〜

シュヴェルニィは多様な品種が認められていましたが、クール・シュヴェルニィはロモランタンを使った白ワインのみに認められたアペラシオンです。1993年に認められた比較的新しいアペラシオンです。

ロモランタンは16cから栽培されている土着の品種で、世界中でもクール・シュヴェルニィのエリアにしかない品種です。

クール・シュヴェルニィの砂が多い土壌と相性が良い品種なのですが、1960年代以降は他の品種に植え替えが進み、かなり少なくなっています。ロモランタンはミネラリーで酸が強い品種です。

ヴァランセ〜Valencay〜

AOCトゥーレーヌの東端から、さらに南東方向に広がるアペラシオンがヴァランセ。ヴァランセはチーズでもAOCを名乗ることが出来る産地で、ワインとチーズ両方でAOCを名乗れるのはヴァランセだけです(ワインのアペラシオン認定は2004年と新しい)

ソーヴィニヨンブランの白ワインが多いですが、赤ワインやロゼワインもあります。土壌は砂利や粘土、シレックスなどもあります。

ジャスニエール〜Jasnieres〜

ロワール地方最北のワイン産地で、トゥーレーヌのエリアは基本、1つにまとまっているのですが、ジャスニエールは北側に少し離れたところにある飛び地です。

綴りが違うもう1つのロワール川流域です。ロム村周辺にぶどう畑は広がっています。

ジャスニエールはシュナンブランを使った白ワインを産出しています。

サヴニエールがどっしりしたシュナンブランだとしたら、ジャスニエールまっすぐミネラリーなスタイルです。粘土石灰質土壌。

ジャスニエールのロワール川を挟んだ対岸(南側)には、コトー・デュ・ロワール〜Coteaux du Loir〜、さらにその東側にはコトー・デュ・ヴァンドモア〜Coteau du Vendomois〜があります。

コトー・デュ・ロワールはジャスニエールより骨格が弱くゆるい印象。

コトー・デュ・ヴァンドモアはピノドニスを主体とした赤ワイン、ロゼワインの産地です(白ワインもあります)。

トゥーレーヌの真ん中を流れるロワール川はシュヴェルニィを超えた先の上流は北側に伸びていて(川の流れは逆ですが)、その先にはジャンヌ・ダルクとも馴染みの深いオルレアンの街があります。

オルレアンの周辺地域はAOCオルレアン〜Orleans〜があります。ピノムニエ主体の赤ワインの産地です(ロゼワイン、白ワインもある)。白ワインもシャルドネ主体と変わっている。オルレアン製法という独自の造り方で造るワインヴィネガーもあります(ワインを継ぎ足しながらゆっくり発酵させていく)。

また同エリアには(同一ではない)カベルネフランだけが認められたアペラシオンのオルレアン・クレリー〜Orleans Cléry〜もあります(カベルネフランのみのアペラシオンはオルレアン・クレリーのみ)。

またジャスニエールと反対側の飛び地(アンジュとの境界から南に行ったところ)としてオー・ポワトゥー〜Haut Poitou〜というアペラシオンもあります(他にもアペラシオン・トゥーレーヌの飛び地もある)。

コメントを残す

*