南西地方〜sud-ouest〜

リムーザン地区のワインの特徴

リムーザン地区〜Limousin〜

南西地方の主要なワイン産地の北側、オーヴェルニュに隣接するリムーザン地区でも少量ワインが造られています。

リムーザンというと樽の方が有名ですね。僕もワインは飲んだことありませんが、簡単に紹介します。

コレーズ〜Correze〜

コレーズ県にあるブリーヴ盆地には、コレーズというA.O.C.があります。カベルネフランを主体とした(カベルネフラン100%でも良い)ボルドー品種(メルロ、カベルネソーヴィニヨン)ブレンドです。

品種自体はメジャー品種ですが、カベルネフラン主体にしなければならない、この品種構成は珍しいですね。

コレーズ・コトー・ド・ラ・ヴェゼール〜Correze Coteaux de la Vezere〜

アラサック、ドンズナック、ヴードザックの3つの村で認められている地理的名称がコレーズ・コトー・ド・ラ・ヴェゼールです。こちらは赤ワインと白ワインに認められていますが、どちらも単一品種でカベルネフランとシュナンブランです。

コレーズ・ヴァン・ド・パイユ〜Corrèze vin paillé〜

陰干ししたぶどうで造るコレーズ・ヴァン・ド・パイユもあります。白ワインとロゼワインが認められていて、ぶどう品種はカベルネフラン、カベルネソーヴィニヨン、メルロ、シャルドネ、ソーヴィニヨンブランとフランスのメジャー品種をかき集めたような構成です。

オート・ヴィエンヌ〜Haute-Vienne〜

A.O.C.はありませんが、オート・ヴィエンヌでもワインは造られています。オート・ヴィエンヌはコレーズ の東側、リモージュを中心とするエリアです。

コメントを残す

*