ブルゴーニュ〜Bourgogne〜

ラドワ・セリニの特徴

ラドワ・セリニ〜Ladoix-Serrigny〜

コート・ド・ニュイを抜けて、コート・ド・ボーヌに入った最初の村がラドワ・セリニです。

コート・ド・ボーヌの中でも地味な存在のラドワ・セリニ。ラドワ・セリニと表記してあるものもありますが、多くのワインの表記はラドワです。

地味な存在とはいえ、アロース・コルトンとペルナン・ベルジュレスの3つの村にわたって存在するグランクリュであるコルトン(コート・ド・ボーヌ唯一の赤のグランクリュ)と白ワインのコルトン・シャルルマーニュを保有しています。コルトンの丘のル・ロニェ・エ・コルトン〜Le Rognet et Corton〜の区画です。

コルトンという名前が付いたグランクリュなので、イメージ的にアロース・コルトンぽくて、ラドワは忘れられている感もありますが、その分、狙い目の産地とも言えます。

ラドワのワインは全体的にはさらっとした砂っぽい土壌の印象を受けます。ウーライト(魚卵状石灰岩)や石灰質、泥灰質の土壌が広がっているようですが、粘土は少なく軽めです。

東向きの畑も多いですし、比較的温暖なエリアなので、果実感が強く明るい印象を受けます。

コメントを残す

*