フランスワインの基本の基本

ワインを楽しむ場面で実際に使える情報を揃えています。

人気のある記事

最近の投稿

フランスワインの産地

ワイン産地別の記事

1

アルザス〜Alsace〜

ドイツに隣接し、他のフランスの地域とは印象が異なる可愛い街並みが魅力のアルザス。多様なスタイルの白ワイン主体のワイン産地です。

詳しく見る

2

ロワール〜Loire〜

ロワール川沿いに東西に広がる広大な産地、ロワール地方。フランスの歴史を考えても重要な産地です。

詳しく見る

3

ボルドー〜Bordeaux〜

格付けシャトーが有名なボルドーですが、格付けシャトーの質が高いのはもちろんですが、より海や川に近いボルドーらしさが表現されているのは格付けされていないワインに 多いです。多面的に捉えて考えるとよりボルドーの魅力を楽しめます。

詳しく見る

4

南西地方〜sud-ouest〜

南西地方は地場品種も豊富で、地酒的楽しさがある産地。凄みはなくても上質な普通さがあり、気軽なところが魅力です。

詳しく見る

5

ラングドック〜Languedoc〜

南フランスを代表する産地、ラングドック。安旨ワインの地域と思われている感がありますが、上質なクリュも多数ありますし、広いエリアなので、ワインの味わいも多様です。

詳しく見る

6

ルーション〜Roussillon〜

フランスの酒精強化ワイン発祥の地ルーション。バニュルスなどは押さえておきたいワインです。文化的にはスペインのカタルーニャ地方と共通。今でこそ国が分かれてしまっていますが、同じ軸で考えると理解が深まります。

詳しく見る

7

プロヴァンス〜Provence〜

さらっとしたロゼが人気のプロヴァンス地方。ロゼだけではなく超熟赤ワインを産出するバンドールや、より余韻が長くボリュームのあるパレットやカシーといったクリュのワインも素晴らしい出来です。

詳しく見る

8

コルシカ〜Corse〜

フランス本土から離れた独自の文化を持つコルシカ島。イタリアのサルディーニャ島のすぐ北にあるコルシカはブドウ品種もイタリアと共通で、雰囲気も少しイタリア的です。

詳しく見る

9

コート・デュ・ローヌ〜Côtes du Rhône〜

ローヌ川沿いに広がるエルミタージュやコンドリュー、シャトー・ヌフ・デュ・パプなどのワインを産出する銘醸地、コート・デュ・ローヌ。大きく北ローヌと南ローヌに分かれます。

詳しく見る

10

ブルゴーニュ〜Bourgogne〜

赤ワインはピノノワール、白ワインはシャルドネと単一品種から、クリマのテロワールを表現した個性豊かなワインを産出するブルゴーニュ地方。世界中のワインラバーを魅了する銘醸地です。

詳しく見る

11

ジュラ〜Jura〜

ヴァン・ジョーヌやヴァン・ド・パイユといった独自のワインを造るジュラ地方。癖の強いワインも美味しいが、通常のスティルワインも魅力的です。

詳しく見る

12

サヴォワ〜Savoie〜

レマン湖を挟んでスイスの南側に広がるサヴォワ地方。穏やかで品の良いワインを生みます。

詳しく見る

13

シャンパーニュ〜Champagne〜

世界中で最も有名なスパークリングワインの産地、シャンパーニュ地方。硬質で形の整ったミネラルの豊富、余韻の大変に長い偉大なワインを多数産出します。

詳しく見る

テロワール

フランスの歴史

フランス料理

ワインと料理の相性

お問い合わせフォーム